デカたる放浪記

このブログはLサイズ支配です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護りたいもの

6月13日金 はれ

護りたい人ができました。


なんて言える日が来ることはもぅないと思いますが。


某ゲームで、あるキャラが「自分独りで出来る事なんてたかがしれてるだろう?だからこそ、自分の手の届く所に居る大切な人だけは護りたいんだ」と言ってました(多少違うかも汗)

今でもこの言葉は大好きです。

そして私にもそう思った時期、そう思った人が居ました。

彼女といると楽しかった。
一緒にいるだけで何だかほわっとできる自分がいる事に気が付きました。

そしていつの間にか、彼女を護りたいと思っている自分が居ました。

最初に出会った時はこんな気持ちになるとは夢にも思わなかったんですが、一緒に居る間にその存在が自分の中でどんどん大きくなっていくのがわかりました。
彼女とずっと一緒に居られたらどれだけ幸せだろうと・・・・・・・。

しかし、その想いは彼女に伝わることはありませんでした。

いえ、伝えられませんでした。

当たり前といえばそれまでですが、想いは口にして初めて伝わるモノ、想っているだけでは伝わるわけはない。

それはわかっていました。
随分悩みました、伝えるべきか否か。

苦しかった、人生で一番悩んだ時期じゃないかと思います。

でも私にはそれができなかった。

想いを口にする事で今の関係が壊れるのが怖かったんです。

壊れるぐらいなら胸に秘めたまま、想い続けるだけでいいじゃないか・・・・・・・・と。

でも逃げているだけだったんですね。

結局彼女は遠い地での仕事を選択し、私の幸せだった時間は終わりました。

今思うと彼女も私の事を想っていてくれたんじゃないか、と考えられる節もありましたがすべては終わった事。

あのとき想いを口にしていたら、今とは違った道が開けていたかもしれませんがそれもすべては夢、すべては私の選んだ道でしょう。
彼女が私の前からいなくなってから、私は表面上普通を装っていましたが内心、「こんなに苦しい想いをするなら、もう二度と人を好きにならない。」と決めました。

普通なら、そこから立ち直りまた新しい誰かを捜すんでしょう。

ですが私にはもう・・・・・・・・・・・・・そういう想いを抱いてはや数年。
今でもその想いは変わる事はありません。臆病すぎると言われればそれまでですが、今更どうこうするつもりもありませんし、出来る自信もありませんしね。

でも、他の方にはこんなおかしな道を歩まないでほしいですね、あんまりいないでしょうが。

まぁつまらない話で申し訳ありません。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://hexagram0601.blog17.fc2.com/tb.php/6-66f8cadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FFブログらんきんぐ

FF11・攻略ブログ

プロフィール

☆まど☆

Author:☆まど☆

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。